プロフィール

書道歴50年。高名な書家を師に、公募展多数入賞。

20年ほど前、書道界の組織を離れ、音楽とともに大作を制作する書道パフォーマンスの活動を始める。

 

愛と平和のメッセージ、震災の復興などをテーマに、国内外で書道パフォーマンスを展開。

 

官公庁、愛知県警の広報、学校へも多数作品を提供。

愛知県内の警察署の玄関、13署の標札を揮毫。(愛知警察署は2005年、2018年の2回揮毫)

 

モノづくり・愛知県名古屋市の伝統工芸「絞り染め」を素材に、書と絞り染めの魅力を世界発信。 ニューヨーク・ロサンゼルス、韓国、香港、イタリアなど。 

これらの活動と実績から「書道ガールズの魁(さきがけ)」と月刊「東海財界」2013年6月号で紹介される 。

 

2015年8月、イタリアで開催されたミラノ万博日本館で書道パフォーマンスを披露。

同、イタリア・トリノで名古屋市トリノ市姉妹都市提携10周年記念事業に出演。作品はトリノ市役所に掲示されている。

 

2015年10月「一ノ瀬芳翠 書道講座 三英傑に学ぶ成功者の筆跡」を出版。

2017年12月1日「人生が輝く 戦国武将の名言 書き写し帳」中日新聞社より発売。

令和元年 一般社団法人 日本文化国際交流協会設立 代表理事

    

 

( お問い合わせは、shoka@ichinose-housui.com  )